想いをにデザインします。

 

 

 

営業日報管理システムとは?


販売戦略をダイレクトに左右する力『営業力』。個々の営業担当者の能力以上に現場をマネージメントする力が結果を左右します。

個々の営業担当の日々の動向を確認し販売戦略に基づいた指示を与える。担当者からの情報を基に次の一手を打つ、突発的クレームを共有し瞬時に対応策を講じる。 マネージメントの根幹には各営業担当者からの正確かつスピーディーでシームレスな情報収集が欠かせません。

現状この役割を担う一般的なツールが「営業日報」です。 多くの企業がこの「営業日報」というツールを採用していますが慣例的に提出を義務付けられていたり、 単なる営業担当者の勤怠チェックの材料として用いられている場合も多く、建設的かつ営業戦略的な活用がなされていないのが現実です。

にも関わらず、帰社後の営業担当者は少なからぬ時間を割いて「営業日報」を作成しており、 本来営業活動に費やすべき貴重な時間を浪費するばかりではなく、多大なストレスとなり、モチベーションの低下が起きています。

貴重な経営資源である『営業力』を真に営業に集中させなくて生き残れますか?

営業管理職の置かれた状況はもっと深刻です。営業担当者からは毎日莫大な量の決まったフォーマットの慣習じみた差し障りのない “1日単位で切り取られた情報”が送られてきます。それらの確認にまた多くの時間を割かねばなりません。 その“情報”も必ずしも正確ではなく、迅速ではありません。不確定でバラバラな各個人の情報を販売戦略に照らし合わせ的確な指示を行うことの難しさ、 その中で結果を残すことの険しさは筆舌に尽くし難いものと容易に推測できます。

販売戦略の基本情報が不正確で『顧客』にアプローチできますか?

貴重な経営資源である『営業力』と戦略実行の中核を担う『営業マネージメント力』を最大限に利用したいという “現場の声”に応え、データベース技術とモバイル技術を融合させ「営業日報管理」の管理に特化させたソリューションが営業日報管理システムです。

各営業担当者の日々のスケジュールを管理、営業案件を市販の携帯端末で瞬時に入力、帰社後の「営業日報」作成時間を 大幅に短縮することによって正確かつスピーディーな報告とストレスからの解放を実現し『営業』に経営資源を集中させます。

各営業担当者からの情報は携帯端末で瞬時に確認でき販売戦略に基づいた的確な指示がタイムリーに可能。ビジネスチャンスを逃しません。

PCでは上記の入力・確認はもちろん「日別」「月別」「期間別」の営業活動状況が営業担当者毎に確認できるばかりか一目でわかる「顧客訪問状況一覧表」を確認できます。

これらの強力なツールにより各営業担当者のウイークポイント、顧客ごとアプローチ方法が明確になり販売戦略をバックアップします。 問題の洗い出しからアプローチ、結果の評価、次の展開へと事実に基づいた健全なPDCAサイクルの確立を促します。

正社員にいかに生産性の高い仕事を自主的にしてもらうか一緒に考えていきませんか?

営業日報管理システムが営業新時代の扉を開きます。